1988年11月医療法人陽心会設立
1988年12月大道中央病院開設(陽心会)
(一般内科外来・循環器科・消化器科・呼吸器科・外科・肛門科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科の外来を開設、高度な急性期医療を提供、慢性期疾患の管理体制として糖尿病指導医、糖尿病専門医を始めとした専任のスタッフによる内分泌糖尿病センター、慢性疾患管理室を設置、地域の健康管理を担う一環として「いきいき健康センター」の設立やリハビリスタッフによる「筋力向上トレーニング」、「活き活き健康教室」の那覇市委託実施、訪問診療で在宅高齢者の健康管理を実施、地域総合健康サービス産業創出事業
1994年3月有限会社大道フーズを設立
1998年4月医療法人陽心会 介護老人保健施設やすらぎの里 開設(陽心会)
(各専門スタッフによる日常生活上の世話や機能訓練をしながら高齢者の社会復帰・在宅復帰を支援、6カ月内の早期リハビリを目的とした回復リハビリ病棟を設置、在宅で介護をしている家族のレスパイトでショートステイサービスを実施、通所リハビリサービスの提供)
1998年6月有限会社大道フーズの商号を有限会社ヘルスサポートに変更
1999年2月「大道中央リハビリテーション病院」開設(陽心会)
1999年5月心臓カテーテル診療材料販売を開始(ヘルスサポート)
1999年12月那覇市安里に大道中央第2病院(現・大道中央病院)を新築、陽心会に貸し出し(ヘルスサポート)
2000年4月福祉用具貸与事業(介護保険指定事業所)を開始(ヘルスサポート)
2002年10月有料老人ホーム「健寿の杜」を新築(ヘルスサポート)
2003年4月「たかまーみの家」を開設し、認知症高齢者の日常生活を支援・対応(陽心会)
特定施設入所者生活介護事業所開始(ヘルスサポート)
2006年2月「やすらぎの里」新築移転し、地域コミュニティーひろばを作り、地域へ開放(陽心会)
2006年3月社会福祉法人陽風会設立
2006年5月大道中央病院を移転。外来は独立してメディカルプラザ大道中央へ(陽心会)
2006年6月福祉用具販売事業を開始(ヘルスサポート)
2007年4月「小規模多機能型ホーム大道」「グループホーム大道が丘」を開設(陽心会)
軽費老人ホーム「ケアハウス常夏の島」を開設(陽風会)
地域密着型サービス「小規模多機能ホーム若狭」「グループホーム若狭の家」「地域交流センター若狭」を開設(ヘルスサポート)
2008年9月「小規模多機能型ホーム牧志」を開設(陽風会)
2009年1月「小規模多機能ホーム辻」を開設(ヘルスサポート)
2009年3月「小規模多機能型ホーム三原」を開設(陽心会)
2009年4月「那覇市末吉老人福祉センター」「那覇市壷川老人福祉センター」「那覇市辻老人憩の家」の指定管理を受託・運営開始(陽風会)
2010年11月有料老人ホーム「松風邸」を開設(ヘルスサポート)
2011年11月高齢者専用賃貸住宅「ヒルズガーデン那覇」を開設(ヘルスサポート)
2012年3月ヒルズガーデン那覇をサービス付き高齢者向け住宅として登録(ヘルスサポート)
2012年4月「デイサービスセンター松川」を開設(ヘルスサポート)
2012年12月「有料老人ホーム若狭」を開設(ヘルスサポート)
2013年4月「那覇市地域包括支援センター若狭」を受託・運営開始(陽心会)
2013年5月「有料老人ホーム若狭 別館」を開設(ヘルスサポート)
2013年10月「有料老人ホーム大道中央」開設(ヘルスサポート)
2014年2月「デイサービスセンター 若狭海岸」開設(ヘルスサポート)
2015年3月「在宅総合ケアセンター 大道」「デイサービスセンター 大道」「デイサービスセンター 若狭」を開設(ヘルスサポート)