起床から就寝までがリハビリテーション

患者さまの「次の一歩」をサポートします

患者さまやご家族の希望に添った目標設定を早期に行い、リハビリテーション専門医をはじめ理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士・看護師・ソーシャルワーカー・管理栄養士などが連携。起床から就寝までの生活すべてをリハビリテーションととらえ、マンツーマン体制で効率的かつ集中的なリハビリテーションを提供し、患者さまの「次の一歩」をサポートします。
帰宅後も違和感なく過ごせるよう普段着での生活を推奨し、患者さまの生活やご家族の介護の不安にしっかり寄り添い、問題を解決していきます。

群馬大学と連携して「心臓リハビリ」を開始

心臓リハビリを通して、心臓病の再発予防を

心臓病を発症すると、ちょっとした日常生活でも心臓に負担がかかってしまい、心臓病が悪化することがあります。心臓の働きが低下し、安静な生活を続けることで体力も低下してしまいます。
大道中央病院は、循環器専門医・理学療法士・看護師などがチーム一体となりCPX(呼気ガス代謝モニター)を実施。適切な運動処方による心臓リハビリを提供し、再発予防をはじめ活動量・活動範囲を広げて、患者さまが快適で質の高い生活を送れるようにサポートします。